LINEで送る
Pocket




チャートでトレンドの変化が分かる♪

トレンド分析で最も重要な要素はなにかわかりますか?

トレンド分析をするのに最も重要なのはチャートです。チャート内に含まれるロウソク足や移動平均線が何を示しているのかを把握することが重要です。ローソク足とは、その日やその時間帯に取引された価格帯を示すもの。移動平均線とは、例えば過去10日、25日といったある一定期間の為替レート平均を結んだ線の事で、このラインの動きや位置によって上昇、下降といったトレンドの動きや、トレンドの転換点を予測します。

チャートから読み取れる情報について♪

チャート

チャート

 

 

 

 

 

 

1・為替レート

ローソク足から売買価格を知り、全体を大きく捉えると、一定の期間内にどんなトレンドを描いているのか把握できます。

2・ローソク足

ローソク一本が表しているのはその日の始値、終値、高値、安値です。

3・期間

ローソク足一本が示す期間により、日足、週足、月足などあり、期間の設定により見えてくるトレンドも異なります。

4・移動平均線

過去の一定期間の終値を結んだ線。過去数日分の終値を平均した5日線、10日線、100日線、200日線などがあります。

取引期間でチャートを使い分ける。

・短期取引の場合(1日~数日)60分足を活用

短期取引では為替レートの細かい動きをつかみたいので、ローソク足1本が1時間の値動きを表す60分足を活用します。(1分足、5分足、15分足、30分足も表示可)小幅な値動きを負いなっがら利益獲得を目指す。

・中期取引の場合(数日~1週間)日足を利用

数日から1週間嫌いの取引では過去の数日間の値動きを見るのが大事。そこでローソク足1本が1日の値動きを表す「日足」を活用します前日の価格、その前の日からのトレンドなどをつかみ利益を狙う。

・長期取引の場合(数数館~1年)週足を利用

数週間以上にわたり取引をする場合、目先の細かな値動きよりも長期間での傾向を見ることが重要。ロウソク足1本が1週間の値動きを表す「週足」を見ながら、上昇、下降トレンドを見分ける。

最狭スプレットおすすめFX会社


DMM FX

取引通貨ペア 20ペア
取引高で世界2位。アプリのインストール不要ですぐに使える取引ツールは、今すぐに取引を始めたい人に向いている。
最小取引単位10,000通貨
トレイダーズ証券「みんなのFX」
取引通貨ペア 16ペア
シンプル、情報重視、カスタマイズの3種類の取引システムが選べる。2015年にはベスト・FXブローカー賞を受賞した
最小取引単位1,000通貨
ヒロセ通商【LION FX】
取引通貨ペア 50ペア
ほとんどの通貨が1,000通貨単位で取引可能。
少額取引での手数料や強制決済の手数料がかからない。
最小取引単位1,000通貨。
LINEで送る
Pocket